記憶力の低下はあなたの日常的な行動に潜んでいる。

記憶力の低下は年齢によって衰えてくるというのが一般的な考えのようですが、実はもっと別のことに重大な原因があるようです。
その中にはまず睡眠不足やストレスがあげられます。
睡眠は脳にとって重要な役目であり、身体の休息の他に大脳のエネルギーを節約する行為でもあります。
それからもうひとつが、記憶の整理と言われています。
学習したものを取捨選択して必要に応じて取り出せるように整理します。
そうした役目である睡眠をおろそかにすると、どうしても記憶力低下が起こってしまいます。
それから人間はストレスでホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こしますが、ストレスが日常的に進んでいくと、コルチゾールというホルモンの影響で海馬が委縮してしまいます。
人間は短時間のストレスによっても脳の働きが低下するといわれますから、ストレスが記憶力低下に影響するのは避けられないようです。
それから最近では、スマホの依存による情報力や記憶力の低下が指摘されています。おすすめ⇒記憶力サプリ

頭の回転を良くす手軽な方法は、DHAサプリメントがお勧めです

頭の回転を良くするには、まずは生活リズムを整えて血の巡りを良くすることが肝心です。
そのためには、睡眠の質を高め、バランスの良い食事を摂り、適度な運動を欠かさないことが大切になってきます。

その中において睡眠は特に大事で、充分な睡眠がとれないと生活リズムが乱れやすくなり、日中に眠気が出たり身体がだるくなったりで物事に集中できなくなるので、注意が必要です。
“睡眠は健康のバロメーター”と、よく言われますが、健康でいることこそ頭の回転を良くする一番の近道のように思います。

そうはいっても、現代は何かと忙しい時代であります。充分な睡眠がとれないこともあれば運動する時間もないのが普通です。そのような時のために応急処置も必要でしょう。
簡単で効果的な方法としては、DHAサプリメントを摂る方法があります。
DHAという栄養素は、脳機能を高める効果が非常に高い栄養素だと言われていて、このサプリメントを摂るだけで学習能力や仕事効率が高まるのです。
DHAは不足しがちな栄養素なだけに、サプリメントを活用しない手はないはずです。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>頭の回転が良くなるサプリ

血管年齢をチェックして、自分自身を見つめ直そう。

この頃、テレビ番組でタレントさんの健康診断コーナーで血管年齢は何歳なんとを見ることがあります。中年の方でも血管年齢は二十代ですや、逆に20代なのに血管年齢は中高年などびっくりする内容などがあります。生活習慣や食生活などによって実年齢よりも、かなり高い血管年齢になるみたいです。要因としては、睡眠不足・たばこ・ストレス・肥満や塩分・油・糖分・アルコールの取りすぎがあげらるようです。特に少量の飲酒であれば血管の流れをリラックスさせる効果はあるみたいですが、過度の飲酒は血圧上昇を起こし、血管に負担をかけて、また利尿で体から水分が尿となり排出されてしまうために、体が水分不足になり血液がドロドロになるそうです。現代社会は、意識しないと高カロリーものが多いので過剰摂取になります。このような日常生活を繰り返していると、ドンドン動脈硬化が進んでしまいます。自分の血管の状態・血管年齢を知ることにより生活習慣を改善するチャンスになります。
続きはこちら⇒血管年齢改善サプリ